口コミの評判が良く、実績重視でクレジットカード現金化の業者を選びましょう。

MENU

怪しい業者は避ける

 

怪しい人影

 

クレジットカード現金化は悪質業者も多数参入しています。

 

業者選びは慎重に行い、スペックやキャンペーンの優遇が大きくても怪しい業者は避けましょう。悪質業者や新参業者を利用するとカード会社とトラブルになったり、法外に高い手数料を取られるケースもあります。

 

なかには、カード決済後に現金を振り込んでもらえず、音信普通になったり自社でしか使えないポイント還元になると話をすり替える詐欺行為をするところもあります。

 

現金化の注意点

 

慎重に検討するべき業者の特徴

 

公式Webサイトが簡素的

個人や資金力のない業者が運営している可能性や、一部の利用客からお金を搾り取ってすぐに逃げようとしている悪質業者の可能性があります。

 

運営者情報が怪しい

会社名や所在地の情報がない

 

サービス名称とドメインの連動性がない

他のサービスから転換していたり、一時的な運営を目的にしている場合があります。
念のため、会社名と連動しているドメインではないかもチェックしましょう。
ドメインの取り方を不自然に感じたら要注意です。

 

電話番号の明記がない

少ない事例ですが、業者側から折り返しの連絡しか対応できず、お客側からの問い合わせはメールしか用意していないところもあります。

 

プランが分かりにくい

ホームページの記載や電話での説明が分かりにくい場合、結果的に法外に高い手数料を取られて振込額が少なくなってしまうことがあります。

 

情報が少ない

外部サイトに紹介されていない場合や、ドメイン取得して間もないところは新参業者の可能性があります。
現金化業者選びは信用力が重要なので、実績の少ないところは利用を控えましょう。

 

Web申込フォームで必要以上の入力を求められる

問い合わせ段階ではカード情報を入力する必要はありません。
またカード決済は通販サービスや決済代行会社を通じて行うので、業者へ暗証番号を伝える必要もありません。
ほかにも住所を求められるなど、利用するか決まっていない段階で個人情報の開示を求めてくるところは注意しましょう。
連絡手段として電話番号やメールアドレスは必須になります。

 

実績重視で業者選びをするのが無難

現金化業者は乱立状態で数え切れないほどの業者があります。

 

なかには健全な運営をしているように見せている悪質業者もあります。

 

なるべく大手ランキングサイトで上位に入っていたり口コミの評判が良い、長い運営期間を確認できるなど信頼できそうな大手の老舗業者を選びましょう。