不透明なサービスだからこそ、誠意のあるサービスを提供しているのがキャッシュロードです。

MENU

経営理念

キャッシュロードの経営理念は「こころざし」です。
ホームページでも簡単に経営理念の紹介をしていますが、さらに深くその思惑を紐解いてみました。

 

 

不透明なサービスだからこそ、誠意のあるサービスを提供している

クレジットカード現金化は非常にグレーな部分が多いサービスです。
まず、利用者や業者に対して違法性の要素はありません。
(詳しくはクレジットカード現金化は違法?ページヘ。)

 

しかし、クレジットカード会社の利用規約に違反する可能性があります。
カードのショッピング枠は本来、買い物やサービスの提供を受ける際に現金の変わりに決済を行うためのものです。

 

クレジットカード現金化は、
このショッピング枠をお金に困った時に現金に変えるサービスをしています。

 

単純にショッピング枠を現金に変える事はカード会社の利用規約に違反します。
そこで現金化業者は通販決済で買ったものに対して買取やキャッシュバックで還元する方式を取っています。

キャッシュバック方式のイラスト

これも厳密にいえば、利用者や業者がはじめから実態の無いものでカードを使ったり、現金化目的で決済する事は規約違反になります。

 

しかし、実態のあるサービスを行っている証拠の理由付けをしているから、カード会社も取り締まりがしづらいという盲点をついたサービスです。

 

簡単にまとめると、クレジットカードのショッピング枠を現金化するのは、カード会社の規約の抜け道と言えるサービスですが、コンプライアンスやモラルの観点では良い事とは言えません。
その為、各業者は企業規模を大きくせず大々的な広告は出さずネット集客のみで運営しています。

 

こうしたグレーな業界と言われているサービスだからこそ、本当にお客様に有益なサービスを提供し、困っている人を助けるという意味で「こころざし」という経営理念を掲げてます。

 

残念ながら、一部の業者ではお金の困って切羽詰まった利用者から、さらに不当な手数料や現金化を偽ったサービスでお金を吸い上げようとしています。

 

キャッシュロードでは、一部の業者のせいで悪評も出ている現金化サービスを、全身全霊のサービスでお客様に還元し、喜んでくれる方を1人でも多く作って人助けをするために、高い換金率とクリーンな運営形態を貫いています。