カード会社から目をつけられないノウハウを持っている優良現金化業者を選びましょう。

MENU

現金化の注意点

ショッピング枠を現金化する注意点は、カード会社との規約違反を回避して、使いすぎないことです。
優良業者を使えばカード会社とトラブルになることは少ないですが、可能性はゼロではありません。

 

原則のルールでは現金化はカード規約違反になることを覚えておきましょう。

 

万一、カード会社から連絡が来たら?

 

もしカード会社から連絡が来たら現金化目的ではなく商品を購入する目的でカード決済した旨を強く主張しましょう。
現金化したことを認めた時点で規約違反になり、強制解約や一括弁済などのペナルティを受けます。

 

優良業者を使えば規約違反にならない理由は、業者側がうまくカード会社から目を付けられないようにするノウハウを持っているからです。
現金化業者選びも重要で、新規参入したところを利用したり、専門業者ではなく質屋やチケットショップして独自に換金する行為はリスクが高いので注意しましょう。

 

利用したら確実に支払う

 

クレジットカードを持つ手

クレジットカードは返済遅延を起こすと信用情報機関に事故情報として登録されて、他のカード会社や金融機関に情報を共有されます。
万一返済できなくなると、最終的にはカードを強制解約されて、5年を目安に新規借入やカード発行をできなくなってしまいます。
また、携帯電話や電気などの支払をカード払いにしている場合は、返済遅延によって、カード払いしているサービスを停められて様々な弊害の発生するリスクがあります。

 

クレジットカード現金化はキャッシング枠を使い切っていたり、消費者金融の審査に通らないなど切羽詰った状況で利用する方が多いです。

 

どんな状況でも返済遅延だけは絶対にしないようにしましょう。

 

カード会社によっては決済後にリボ払いに変更できる場合もあります。返済不能になる場合は支払日前にカード会社に連絡したり、親に泣きついてお金を借りるなどの対処をしましょう。

 

借入利息より高いことを理解しておく

 

クレジットカード現金化は利用した時点で5~20%ほどの手数料を取られます。
通常のキャッシングの場合は利用額100万円以内で上限金利を18%以下にするように義務付けられています。
利息は日割り計算されるので、1ヶ月のみ借入した場合は借入額に対して1.6%程度の利息しかかかりません。

 

消費者金融や銀行からの借入は審査に時間のかかるケースもあるので状況によっては現金化を活用するメリットはありますが、他の資金調達方法よりコストは高いです。