違法性が少ないからこそ、信頼できる業者を選ぶことが重要です。

MENU

現金化は違法行為?

クレジットカード現金化は違法行為と思っている方はいませんか?

 

一概にすべての業者が合法なサービスを行っているとは言い切れませんが、
キャッシュロードに関しては違法行為には該当しません。

 

 

そもそも違法行為とは?

まず、一番気をつけなければいけないのが、貸金業の届出を行っていない俗に言う闇金融を利用する事です。クレジットカード現金化はお金に困った方が利用するサービスですが、お金を貸す金融サービスではありません。
利用者が既に所有しているクレジットカードでショッピングをして、購入した物に対して特典や買取として現金を提供しています。

 

現金化業者自体は利用者から利息を受け取る事はなく、分割払いにした場合、利息はカード会社に対して払います。カード会社はキャッシング機能を含め正規に届出をしてる健全な運営元なので、何も問題や違法性がなく安心して利用できます。

 

もし、カードの現金化のほかに直接お金を融資する話をした場合、その業者が正しく金融業の届出をしていなければ闇金融となり違法行為に該当します。

 

キャッシュロードを含め、大手クレジットカード現金化業者は、
カード現金化以外に直接融資を行う行為は一切してません。

 

 

違法性が少ないからこそ、信頼できる業者を選ぶ必要がある

クレジットカード現金化は法律やカード会社の規約の盲点をついたグレーゾーンの部分もあります。
運営する業者も利用する業者もお互いが納得の上でカード決済と現金キャッシュバックや買取をすれば問題ありませんが、残念ながらこうしたグレーゾーンの盲点をついて悪質な手口で詐欺行為をする業者もいます。

 

多いのは、カード決済だけさせておいて、現金を振り込まないで逃げてしまう業者です。
詳しくは「悪徳業者に注意」のページでも紹介しています。

 

こうした詐欺行為にあった場合でも、そもそもクレジットカード現金化サービス自体がグレーゾーンで、「ショッピング枠を現金化してくれると言ったのに、応じてくれなかった」と警察やカード会社に訴えても何も助けてくれません。

 

法律的には景品表示法違反に該当しますが、こういう詐欺行為をする業者はホームページの片隅に気づきにくいように但し書きを書いているなど、逃げ道を用意しているので摘発が難しいのが現状です。

 

こうした違法性が少ないからこそ、何かあった時に助けてもらえないデメリットもあります。
そのため、クレジットカード現金化は信頼できる業者を選ぶ重要性が高いです。