悪徳業者は冷静な判断ができない状況の消費者心理につけ込んでくるので注意が必要です。

MENU

悪徳業者に注意

残念な事にクレジットカード現金化は一部で悪徳業者も出現しています。
その手口の事例を紹介するので、ひっかからないように注意しましょう。

 

 

換金率が表示されていた話と全然違う

クレジットカード現金化を利用すると金利による利息はカード会社に対して支払います。
現金化業者はプランに応じて換金率を提示していて、購入した商品の金額に対して換金率をかけた金額を現金キャッシュバックで受け取ります。

 

例えば10万円の現金が必要だった場合に換金率90%のプランを利用した場合、111,100円の商品を購入する流れになります。
受け取る金額と、決済する金額の差額が手数料として業者の利益になります。

 

 

しかし悪徳業者の場合は、換金率の他に送料や振込手数料、代行費用、決済手数料など様々な費用を別途請求してくる場合があります。

 

換金率90%と聞いていても、実際には12万円以上の決済をしないと10万円受け取る事ができず、聞いていた話と違う。といったクレームに発展するケースもあります。

 

こうしたサービスの利用者はすぐにお金が必要で、問い合わせをしてホームページの記載と違う説明を受けても面倒になったり、切羽詰まった状況で冷静に考える事ができず、そのまま利用してしまう方が多いです。

 

悪徳業者はこうした冷静な判断ができない状況の消費者心理につけ込んでくるので注意しましょう。
キャッシュロードはもちろん、換金率で差し引かれる部分以外の手数料は全て無料です。

 

 

現金を還元してくれない

クレジットカード現金化は、現金を受け取る前にショッピングのカード決済をしないといけません。
また、本来は現金を受け取る事を目的にカードのショッピング枠を使う事はクレジットカードの規約違反に該当します。
こうした特性もあり、一部の悪徳業者ではカード決済だけさせておいて現金振込に応じてくれない詐欺事例があります。

 

現金化詐欺は大きく分けて2種類あり、

  • そのまま業者と音信普通になってしまう場合
  • 何癖をつけてカード決済した途端に手のひらを返して現金による換金はしないと言ってくる場合

があります。

 

住所の表示をしていない業者やダミー住所を使っている業者は、利用者が決済をすると電話回線を切ったり着信拒否するなどして音信普通になってしまいます。
そして、被害者が増えてきたら再び事業名称を変えて同じ行為を繰り返します。

 

警察

実際には商品価値がないCD-ROMなどを発送してしまえば、商品販売の実態ができるので警察に相談しても動いてもらえません。
業者と連絡が繋がる場合でも、その会社独自のポイントキャッシュバックで対応するなど、事前に聞いていなかった条件を提示されたり、そもそもショッピング枠を現金に変えるのは規約違反です。と説明される場合もあります。

 

カード規約のグレーゾーンと言えるサービスだからこそ、責任を持たず悪意を持って利用者を騙そうとする業者もいます。
現金化業者を利用する際は、評判がよく実績豊富な信頼できる業者を選びましょう。